コンクリート圧送とは
コンクリートミキサ車によって建設現場に搬送された 生コンクリートを、コンクリートポンプ車を使用して、 油圧により所定の型枠内に生コンクリートを打ち込む作業のことです。
コンクリートポンプ工法
このとき用いられた工法をコンクリートポンプ工法と言い、 東京オリンピック(1964年)以降の高度経済成長期に、 従来のタワーカート工法にかわる大量打設可能・ 作業性改善・省力化工法として普及し、現在に至っています。
強度を保つために
打ち込んだ生コンクリートが固まったとき、設計値 どおりの強度が必要であるため、 「生きもの」である生コンクリートの品質を変えることなく 圧送することが不可欠であるコンクリート圧送工(圧送作業員)は、 十分な経験と高度な技能、およびコンクリートに関する 知識が要求されます。
コンクリート加工に置いての重要性
近年においては、建設物の高層化・長大化が顕著である上、 コンクリートの高性能化が進み、 建設産業の中でも大切な部分を占める、コンクリート構造物の 施工を直接担当するコンクリート圧送工事業の役割は、 ますますその重要性を増しているといえます。